CCA c/o Tokyo

2018-2019

CCA c/oは、世界さまざまな都市おいローカル展開れる一連期間限定試みです。
CCA c/oは、CCA異なる文脈から生まれながらも、ある普遍持ちうるよう問題発見するためツールです。
CCA c/oは、テーマ探し、それ定義し、たち現在注目いる話題新しい視点追加するため戦略です。
CCA c/oは、CCA自身変容せるためとつ実験です。

我々は、さまざまな文化場所から生まれる、さまざまなアイデア視点興味抱いますが、それミュージアム本館という存在従属するよう分館別館を、物理インフラとしてつくること意味するものありません。世界視野持つこと求められる今日ミュージアムは、物理建物というよりもむしろネットワークとして捉えられる必要あるでしょう。そこで、機敏インフォーマルといった新しい価値備え存在としてCCA c/oは、建築について刺激議論今まさ行わいる場所、あるい我々共感するパートナーたちその独自活動展開いる場所に、出現するです。我々パートナーインディペンデント・キュレーターもしれませんし、建築家、ジャーナリスト、写真家、編集者、あるいもっと興味深い人物もしれません。たちそういっ方々CCA一員として歓迎ます。あるたち彼ら招待し、またある彼らたち招待ます。

2018から2019にかけて、我々2014ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築日本館コミッショナー務め東京在住建築キュレーター・編集太田佳代子協力ます。太田CCAと共にリサーチ進めながら、東京CCAが行うプロジェクト参加促しいく予定です。

c/o Tokyo始動するあたって、我々太田日本ポスト都市化現についてエピソードからなるドキュメンタリー制作依頼ました。太田は、東京から遠く離れ小さ村々島々訪ねながら、地方自治体都市建築設計依頼するといっ旧来手法置き換わるような、種類価値双方向的交換建築地方コミュニティー生み出すため手法探っいきます。伊東豊雄、アトリエ・ワン、妹島和世、家成俊勝、石川仕事取材するそのドキュメンタリーは、CCAこれからオンライン大規模展開予定エディトリアル・プロジェクトなります。非都焦点当てこの試みは、CCA現在進行研究他文視点提供くれることでしょう。

記事

イベント

想海樓ホール 政策研究大学院大学 1階 東京都港区六本木7-22-1
1
1

Sign up to get news from us

Email address
First name
Last name
By signing up you agree to receive our newsletter and communications about CCA activities. You can unsubscribe at any time. For more information, consult our privacy policy or contact us.

Thank you for signing up. You'll begin to receive emails from us shortly.

We’re not able to update your preferences at the moment. Please try again later.

You’ve already subscribed with this email address. If you’d like to subscribe with another, please try again.

Folder ()

Your folder is empty.

Email:
Subject:
Notes:
Please complete this form to make a request for consultation. A copy of this list will also be forwarded to you.

Your contact information
First name:
Last name:
Email:
Phone number:
Notes (optional):
We will contact you to set up an appointment. Please keep in mind that your consultation date will be based on the type of material you wish to study. To prepare your visit, we'll need:
  • — At least one week for primary sources (prints and drawings, photographs, archival documents, etc.)
  • — At least twenty-four hours for secondary sources (books, periodicals, vertical files, etc.)
...